株のヨコヨコって何?

株用語の一つでヨコヨコと言うのはよく聞く用語で、調べなくても分かると思いますが、注意点などを含め分かりやすくまとめてみました。

株のヨコヨコとは?

株のヨコヨコとはその呼び方のとおり相場が動かないことを指してます。大きく上下しないもみ合い、持ち合い状態のことですね。地蔵相場とも言われていて、とにかく動かない。動かない日は本当に狭いレンジで、出来高も少なく辛抱の時間が続きます。

所有している銘柄が、上下に動き、ヨコヨコになった場合はヨコヨコになる前にどうしようと思っていたか思い出してください。このヨコヨコの状況は、揉み合い・保ち合いとも言われていますが、水面下では株主がどんどん入れ替わっている状態ですね。大抵の人は動かないからホールドでって思うでしょう。しかしながら、こっそり集めている人が居れば、抜けていく人も居たり。出来高がなく人が入れ替わってない時ですから、分からない場合は博打はせず手仕舞いするなりと戦略を立てなければなりません。

ヨコヨコの状態から株価が上か下どちらに行くかは誰にも分かりません。どちらか分からない状況でトレードするのは投資ではなく博打になってしまいます。株価が動かない状態は精神的につらい状況なので、上下どちらかへ大きく振れることもありますので気を抜かずにしなければなりません。

下落トレンド中のヨコヨコは、下落の一時休憩

よく悪材料が出て大きく株価が下がっている銘柄を逆張りするトレーダーがいますよね。しかしながら、下落トレンドのヨコヨコは、下落の終わりというよりも休憩であることが多いのです。悪材料が出たのですから、下がるのは当然ですよね。ただでさえ逆張りは資金も精神もすり減らすのに、悪材料が出た銘柄にわざわざ挑まなくても、良い銘柄は見えてないだけでたくさんあると思うんですよ。

もちろん誤報や、自力反発する銘柄も中にはありますが、下落トレンド中に一旦ヨコヨコになったからと言ってリバウンドを狙う際は注意が必要です。

高値圏でのヨコヨコは時間との勝負

好材料が出て株価が急騰。その後ヨコヨコが続いた際はとにかく時間との勝負ですよね。たとえば、後場に材料が出て株価が急騰した際は、ヨコヨコから引けにかけて利益確定の売りが優勢となることが多いですよね。金曜日でしたら、週末に保有株を持ち越したくないトレーダーが一斉に利益確定をする傾向があることからも、良い材料が出たからといって時間も曜日も気にせずヨコヨコだからと買いに走るとイナゴになってしまう可能性もあるので、時間や曜日には十分注意が必要です。

株には法則がある

株式投資をする上で配慮しておきたいのが株には様々な法則があるという事です。投資をする上で、覚えておいたほうが良い法則について整理してみました。

株には法則がある

グランビルの法則とは、グランビルにより1960年に書かれた時価についての著書です

つまり50年も前の取引技術という事です。50年も前に書かれたオールドな手法が直近での時価に通じるのか?と疑問を感じている方もいるかもしれません

しかし、この「グランビルの法則」は置き換え平均線を使用するチャート分析のベースとして、今現在でも世界中のトレーダーに学ばれていますし実際、専門家のトレーダーでこの法則を知らない人はいないと言っても過言ではありません。

つまり、「世界中エキスパートが知っている」、これが解答です。

グランビルの法則は、株取引の売買の瞬間を決断するための方法として、過去の株価の平均値を計算して移動平均線を活用しながらチャート上に表示させる技術論の事を言います。

置き換え平均線と株価の乖離やその方向性を見る事によって、株価の動向を決断する事が可能になります。

グランビルの法則には買い時の信号と売り時の信号の二つの信号が影響します。買い時の主な信号は、移動平均線が長期間下落したり横ばいになった後にその株価が上昇に転じて移動平均線を突き抜けた事例です。置き換え平均線を見ながら取引をするため、普通に傾向優先の取引メソッドと言っても大げさではないのです。

売り時の主な信号も、置き換え平均線の推移によって決まります。売り時の時は買い時とは逆で、置き換え平均線の上を上昇していた株価が横ばいになり、その株価が置き換え平均線を下回った事例には売り気配という事になります。日数を決めて平均値を算出するため、本人のコーデにあった日数を選択してから指標を使用しなくてはいけません。

1本の移動平均線と株価終値の位置結びつきを見る事で、売り買いの決断をする技術にグランビルの法則があります。移動平均線は、傾向の方向性を示します。下降から横ばい、または、上昇に転じた移動平均線は、流れが保ち合いその上は、上昇に転じた事を示しますし、上昇から横ばいまたは、下降に転じた移動平均線は、趣向が横ばいまたは、下降に転じた事を示す事になります。移動平均を使用した株式取引においてはグランビルの法則というとても名高いな法則があります。
この法則は造作なくに言うと、移動平均と株価の位置を理解して株の売り買いの瞬間を探ろうというものです。当たる事が多々あるせいかこの法則通りに取引をする人は投資のワールドワイドでは多々あるです。このグランビルの法則を知っておく事でトレードにおける勝ちトレードの数は格段にUPしていきます。

グランビルの法則を元に取引している投資住宅達を狙い撃ちにした動きが突然見られて、「あたかもグランビルの法則に従っているかに思えた時価展開が急変する」事も有ります。元々は200日移動平均線を使ってのシグナルですが、直近ででは長め(といっても20日以上)の移動平均線であれば、期間に関わらず使われています。

買いシグナル①

移動平均が上昇あるいは横ばいの時、移動平均の下にあった株価が移動平均の上に突き抜けてきた場合

買いシグナル②

移動平均線がまだ上昇をしている時、この移動平均線を株価が下回った時

買いシグナル③

株価が移動平均線の上にあり、平均線に向かって下落しましたが、移動平均線を下回ることなく反発。再び上昇した時

買いシグナル④

下降している移動平均線を株価が下回り、さらに大きく下落したときは目先、移動平均線までの反発が期待できます。移動平均を大きく下回った時

売りシグナル①

移動平均が下落しているかあるいは横ばいの時、移動平均の上にあった株価が移動平均を下回ってきた場合

売りシグナル②

移動平均線がまだ下落を続けている時、この移動平均線を株価が上回った時

⑦売りシグナル③

株価が移動平均線の下にあり、平均線に向かって上昇しましたが、移動平均線を上回ることなく反発。再び下落した時

売りシグナル④

上昇している移動平均線を株価が上回り、さらに大きく上昇した時は目先、移動平均線まで反落することが多いです。移動平均を大きく上回った時

【ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)がよく当てはまる条件とは?】

ゴールデンクロスとは、2本の移動平均線を見たときに、計算期間の「短い移動平均線」が「長い移動平均線」を下から上に抜けることを言い、買いシグナル とされます。

デッドクロスはゴールデンクロスの反対で、「短期の移動平均線」が「長期の移動平均」を上から下に割り込むことを言い、売りのシグナルとされます。

移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスを「買いシグナル」「売りシグナル」とするときに注意が必要なことは、移動平均を使った指標は常に「遅行性」がある、つまり「シグナルが遅れる傾向にある」ということです。この「遅行性」を補うために、ゴールデンクロスやデッドクロスではなく、移動平均間の「差=乖離(かいり)」の変化を見るという方法もあります。それでも「デッドクロス」になると思ったら急反発して「ダマシ」となるようなことも多く、これらの移動平均線のクロスは「売り買いのシグナル」ではなく、「トレンドの変化」を確認するツールとして使用した方がよいかもしれません。

株の納会について

投資をする上で、証券取引所の営業日はとても重要です。

大納会とは?

日本の証券取引所における、「1年間の取引の初日と最終日に行われる催事」。転じて、その営業日。

大納会とは、日本国内の証券取引所の年内最終営業日に開催される催事のことをいいます。土曜・日曜が重ならない限り、12月30日です。以前は、当日は前場(午前中)しか取引が行われませんでしたが、現在では、後場(午後)も取引が行われます。

テレビや新聞などのマスメディアで報道されるのは、主に東京証券取引所の様子です。東京証券取引所の大納会では、その年話題となったキーパーソンをゲストに迎え、立会終了の鐘を鳴らすことが恒例となっており、その様子はテレビなどの報道機関を通じて、広く国民に知られています。 相場環境からすれば、税金対策の換金売りなどをこなした後で、実質新年度相場入りしていることもあり、日経平均株価が比較的堅調な年が多いのも特徴といえます。ちなみに、日経平均の過去最高値は、いわゆるバブル経済真っ盛りの1989年の大納会の3万8,957円です。

その後は正月休みとなり、新年は1月4日の大発会から名実ともに新年度相場入りしてスタートします。

大納会の株価の傾向

1年のうちで最後の取引となる日のことを大納会といいます。年内最後の営業日ということもあって気合いを入れている人たちも多いのではないでしょうか。大納会の特徴として毎年その年に話題になった人をゲストとして呼び、立ち会い終了の鐘を鳴らすというのが恒例となっています。それでは大納会の株価の傾向はどのようなものになるのでしょうか。

大納会では基本的に株価が下がる!?

大納会の株価の傾向として挙げられるのが株価が下がりやすいという点です。その年1年間の手じまいとして売りたいと考える人がたくさんいるため株価が下がる傾向にあると考えられています。また、6月や12月の決算の権利落ち日の直後ということも株価が下がる傾向にある一因として考えられています。だからといって必ずしも大納会で株価が下がる傾向にあるのかと言えばそのようなわけではありません。場合によっては大納会で株価が上昇することもありますので油断は出来ません。

大発会を左右する大納会の関連性

大発会とは、株式市場において証券取引所における1年のスタートである寄付き日である初日に行われる取引営業日のことを言います。通常、初日は手締めと言われる各界から大物ゲストを呼び、催事として行なわれ、催事をこのように呼ぶことから派生して初日営業日そのものも大発会と呼ぶようになりました。この言葉の逆の概念として、大納会というものもあり、証券取引所の最終営業日をこのように呼びます。

2000年からは、一般人の参加も認められ、厳正な抽選により当選した人のみにこのイベントに参加する権利が与えられます。大発会の傾向として、株価は乱高下することが多いため、利益確定により新年のスタートとなるお年玉ともなるご祝儀相場となることがあります。

また、これには大納会で手仕舞いとして利益確定で先行した売りの反発として一気に買いが先行することが大きな原因としてあり、これにより投資家が新年の祝儀として利益を得るもので、大納会での株価が大きく影響するものです。

株の中原とは?

株式投資で利益をあげるには、さまざまな情報を収集して分析をしなければ、正しい購入時期かどうかの判断ができません。勘に頼ったり、ただ漠然と購入をすすめる情報を頼ったりして購入しては、利益をコンスタントに上げられるようには決してなりません。何の株を買ったらいいか分からないという方の中には、株価予想の「投資の達人」の分析を利用する人も少なくありません。そこで今回は若き天才投資家と呼ばれる中原良太氏についてまとめてみます。

「株の中原とは?」続きを読む