株は何株から買うことができるのか?

株を買ったり売ったりといった株の取引をするケース、実際はiPhoneやPCで手間なくに取引をする事ができます。けれども、未経験者のうちは買い方や売り方、売買注文の出し方や、各々の注文手段の意味合いもわかりにくいかと考えます。
秘訣をつかんで慣れてしまえば造作なくなるのですが、初めは手に負えなく感じる方も多々あるので、ここでは未経験者の方のために株の買い方(購買手段)や売り方についてわかりやすく整理してみました。

株は何株から買えるのか

株を買うには「株価×単元」の出資額が必須です。「株はどんだけ買えるの?」という質問をたまにされますが、買いたい銘柄が決まっている事例は「株価×単元」で計算します。株を買う時には、株の銘柄ごとに決まっている「単元(最低売買刻み)」というものがあります。

例を挙げると単元が100株の銘柄のケースは100株刻みで売買をする事になります。株価が500円なら500円×100株=50000円が最低限必須な出資費用になります。

売買刻み未満の株数での売買、例を挙げると1株だけとか50株という刻みでの売買は普通にはできません。そんな訳で、買いたい銘柄を見つけたら、最初に株価がどんだけで単元(最低売買刻み)が何株かを調査し、出資価格がどんだけ必須かを調査しましょう。

単元は100株のところが多いです。単元の調査方法は企業四季報という本を見たり、インターネットでは証券法人のホームページやYahoo!ファイナンス、日経マネー&マーケットなどで企業名や証券コードを入れて個別の株の情報のページへ行くと見る事ができます。

今の時代では、使いやすさが悪いミニ株(式ミニ出資)よりも単元未満株取引の方がブームが高いようです。他にも、単元未満株取引は一部の証券法人のみでできます。