株の昼休み

会社勤めなどと同時に投資を行う行う場合、専業投資家より不利だと思っている方や、専業投資家に憧れている方は以外に多い印象を受けます。実際にオフ会やセミナーに行くと兼業の方から専業になりたいとよく相談を受けます。「専業ってそんなにいいものではないですよ」っといつも返すのですが兼業投資家からは魅力があるみたいですね。

結論をいうと、会社員・学生・主婦の方であったり、ほかに仕事をしながらでも株式投資で利益を上げることは難しくありません。むしろ他に仕事がある方が、ザラ場に張り付き目を離せない専業投資家よりも、資産が増えると思います。
専業は一人孤独なので本当は専業仲間を増やしたいのですが、せっかくある職を失ってまでなる職種でもないと思うので、兼業投資家でも利益が出せるよう参考になる知識をまとめてみたいと思います。

株 昼休み

株式市場で株の売買が出来るのは平日朝9時から昼3時までです。売買の注文は仕事の前に出しておけば注文通りに売買が成立したら約定されます。今は各証券会社でアプリも出てますし設定しておけばお知らせが来ます。ですので、仕事中に株価や取引が成立されたか気になってトイレに立てこもらなくても大丈夫です。
株の値動きが気になって仕事に差し支える場合は、無理な取引をしていることもあるので、時間軸やロット数など一度確認したほうがいいです。早く専業投資家になりたいと大きなロットであえて短期銘柄に挑んでいる兼業投資家も少なくないですが、大体が退場するか大きな損失を出しています。ですので、どっしりとじっくりと保有できるような銘柄を選ぶことも大事な作業ですね。銘柄さえ間違えなければ、仕事中に株価が気になって仕事が手につかないなんていうことは起きません。勤務中トイレでこっそりトレードする方や仕事をさぼってトレードしている方も居るようですが、本業に差し支える取引は控えるべきでしょう。
理想は、本業の後や休日に株式銘柄の研究をして、中長期でその銘柄を保有する方法が良いと思います。さらに、逆指値・追跡指値といった注文を利用すれば、利益や損失をザラ場が見れない方でも投資はできます。株価をチェックするのは朝とお昼休み、仕事が終わってからで十分でしょう。週末にじっくり情報収集して、成長株が成長するのを見守る投資スタイルがストレスもなく利益を出せると思います。

PageTop