株の平均足とは?

株の平均足とは?株式出資をするとき、どの株に出資するか...ありとあらゆる情報の中から決めると考えますが、情報をどのように分析するかが肝心です。そんな訳で今度は代表的なテクニカル分析の中で用いられる平均足について整理てみました

株の平均足について

平均足はモードの流れを見極めする上で実用的なメソッドです。いつものローソク足とは異なり、「高値・安値・始値・終値」の四本値を各々平均するなどして、流れがわかりやすいようにローソク足を描くため、陽線と陰線に連続性があり、時価の流れを読む事に適しています。

個人出資家は「エントリーが遅れる」という事、それから「利益確定が早過ぎる」のではないかと言ったような事を絶えず心配しています。万が一、「趨勢の転換が明確で、趨勢形成が視覚的に決断可能」というチャートがあれば、使ってみたいとは考えませんか?それをカバーしているのがこの「平均足」です。

平均足のメリットは?

  • トレンドをシンプルに把握できる(トレンドの方向性がヒゲに強く現れる)
  • 細かいダマシを防げる
  • トレンドの終了および転換が分かりやすい
  • 損小利大のトレードを行いやすい

平均足のデメリットは?

  • 細かい値動きの把握には向いてない
  • 現在値と実際の始値・終値が分からない
  • 急激な相場変動時に状況を把握しにくい
  • 秒数単位の超短期売買には向かない
  • トレンドラインやサポートラインなどのラインを正確に引けない
  • 節目(エントリーポイント)となる価格帯がピンポイントでは分からない

平均足まとめ

ローソク足ですと、いつも四本値(安値・終値・始値・高値)が的確に反映されます。それ故、細かい値動きを察知する事ができます。

一方で平均足は、そのような細かい値動きは反映されません。それにより、平均足はローソク足と並存する事が必須です。いつも時や時価急変時はローソク足チャートで現況を理解し、いざ趨勢が生じてしたケースや流れが継続している事例は、決断のアフターケア的な意味合いで平均足チャートも開きましょう。

平均足はあくまでも、移し変え平均線や流行ラインといったテクニカルツールの一つです。一通りのテクニカルツールは、最初にローソク足という土台の上に使用するものです。

株価は、パターン通りに動く事もあれば、動かない事例もあります。どの出資テクニックにも、一長一短がありますので、充分にと分析しトレードに挑みましょう。(さらに詳しくテクニカル分析について知りたい方はコチラのサイトの初心者にお勧めのテクニカル分析3選という記事がわかりやすく解説してくれていますのでお読みください)

PageTop