株の中原とは?

株式投資で利益をあげるには、さまざまな情報を収集して分析をしなければ、正しい購入時期かどうかの判断ができません。勘に頼ったり、ただ漠然と購入をすすめる情報を頼ったりして購入しては、利益をコンスタントに上げられるようには決してなりません。何の株を買ったらいいか分からないという方の中には、株価予想の「投資の達人」の分析を利用する人も少なくありません。そこで今回は若き天才投資家と呼ばれる中原良太氏についてまとめてみます。

株 中原

中原良太氏は、2016年Yahoo!株価予想達人パフォーマンス+1024.4%で1位を獲得。2015年「ベストパフォーマー賞」「通年最高勝率者賞」をダブル受賞しました。25年分の株価分析とシストレ戦略が人気。中原良太氏は、トレードシステムを開発するくらいですので完全なテクニカル分析派です。Yahoo!ファイナンスの株価予想の「投資の達人」としてお宝株の銘柄を次々と発掘し評判も高まっており、予想した約100銘柄のトータルパフォーマンスは+79,8%とプロをもしのぐ脅威の成績を叩き出す、若き天才投資家と呼ばれています。

株式投資に必要な情報

新聞や紙媒体やネット上では投資に役立つ情報がたくさんあります。今回は、どんな情報源があるのかを確認しておきましょう。

株の情報収集と活用方法

株式投資で利益をあげるには、どのような情報を収集し、どのように活用すれば良いかについて説明します。

有益な価値がある情報

官公庁や信用できる新聞社や証券会社などの企業が発表している指標などの数字データの情報。および、企業自身が発表しているその企業の決算内容や事業計画、決算の見通しなどです。

マーケット全体要因

マーケット全体要因には、為替レート・金利・貿易収支・失業率・GDP(国内総生産)・景気の動向・海外証券市場の動向などの経済関連の指標・情報があります。これらの指標の数字が変動することで、株式マーケット全体に影響を与えます。

また、国内外の政治情勢・外国機関投資家の動向・国内外の影響力の大きい人物の金融政策など株価に影響する発言・災害・オリンピックなどの大規模なイベント・季節需要などの経済関連以外の動向や出来事も株価全体に影響を与えるのでマクロ経済の情報にはアンテナを張っておきましょう。

個別要因

個別要因には、企業の売上、利益などの企業業績がもっとも株価に大きな影響を与えます。そのほか企業の経営力や将来性・企業買収・配当・増資・減資・株式分割・新技術の開発等の情報が発表されるその企業の株価に影響を与えます。

投資スタンスで異なる情報

株式投資をどのような投資スタンスで行うかによって、重視しなければならない情報が異なります。短期~中長期とどのスタンスを取るかによって、重要視しなければならない情報が異なります。そして情報収集の仕方にも関わってきますので、自分の投資スタンスにあった情報が収集できるよう取り組みましょう。

PageTop