株なんJとは?

インターネットの普及と株式委託手数料の自由化により一気にオンライントレードが主流になりました。過去のバカみたいに高い手数料...思い出すだけでも寒気がしてきます。

携帯電話でもトレードが可能になった事もありオンライントレードが主流になってからはネットで有名になる個人トレーダーも続々と登場しています。

株のなんjとは?

なんJ民(なんじぇいみん)とは、2ちゃんねるの掲示板「なんでも実況J板」(通称:なんJ)の住人のこと。なんJラーとも言われています。なんでも実況J板には株の実況板もありそこで有名になったトレーダもいます

なんj有名トレーダー

  • cis氏
  • ウルフ村田
  • BNF
  • DJ全力

インターネットと株式市場

株は証券会社や銀行など、株式を販売している金融機関を通じて購入します。ほとんどの場合、窓口か電話で注文をする形態でした。ところが、インターネットの普及により、ネットを通じての売買が主流になりました。投資家は高齢者が多いのでネットを通じて株を売買するまでが大変でよくご発注をしてしまったという話を耳にします。今となっては笑い話ですが、自分がご発注した際は笑えませんよね。

さて、株式委託手数料が完全自由化になったのは1999年10月。この自由化すばらしい案ですよね。近年のトレードスタイルを大きく変化させただけでなく、若者が投資しやすい環境を作ってくれました。

証券会社等は人件費を減らすことで手数料を安くすると、人間の代用としてインターネットを使用することに。結果、手数料も安くすることができて、スイングトレードやデイトレードという手法が生まれました

株や投資の経験のない初心者には、株式投資やオンライントレードは、やり方が分からず「株って難しそうだ」というイメージがあると思います。しかしながら、インターネットの普及で株式投資に必要な情報を瞬時に得られる現在は、会社勤めの方やお年寄りも気軽に取引をすることが出来ます。店頭に行く手間や電話をする手間が省け、取引にかかる手数料も安くなった今、株式投資を行う敷居も低くなり、若い世代の個人投資家も増加傾向にあり、その若い世代の株式投資への入り口のひとつがなんJだといえます

PageTop